株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

Ver081103-4「2008年 文化の日エディション」配信

Ver081103-4「2008年 文化の日エディション」配信

YAHOOファイナンス株価データーの構造を精査検出して株価DownLoad機能の精緻化を計りました。

この為、該当計算回路の改修を行って、Ver081103-4と致しました。

既に、Ver081103に更新されたユーザーは、Ver081103-4に再更新をして頂きたくお願い申し上げます。

新規搭載機能


新規銘柄・上場停止銘柄検出自動登録機能

Ver081103-3で、表記自動検出記録機能を作りましたが、YAHOOファイナンス株価データーの表示構造から、幾つか自動記録に例外処理される銘柄があることが分かりました。

この為、自動検出銘柄はチェクファイルにOUTPUTするのに止め、銘柄リストの修正は、時折チェクファイルににより修正することと致しました。

現在の機能は、

日々の株価DownLoad

銘柄リストに掲載の銘柄データーに基づいて収集します。

上場停止銘柄は株価収集されません。

この為、銘柄リストの上場停止データーの管理が大事となります。

上場停止データーデーターの修正は、ご操作を避けるため、銘柄リストのデーター修正から機能を外し、個別銘柄のチャート画面の「その他」メニューからのみ修正可能としました。

銘柄上場・上場停止確認機能

株価取得画面の「新規上場銘柄確認」コラムにクリックを入れると、1001~9998の銘柄コードを全件検出して上場を確認します。

銘柄リストに収録されている銘柄は、現上場銘柄・上場停止銘柄の別を記録します。
(日々の株価はこの記録によりDownLoadされます。)

この場合、当然ながら株価互助会データーはDownLoad利用されないので、YAHOOファイナンス株価データー全銘柄コード検索の為の時間が余計に掛かります。

株価データーは「1-1、日々の株価DownLoad」と同一の「Y株価ファイル」が作成されます。

新規上場銘柄は、株価が「Y株価ファイル」に収録されます。

新規上場銘柄株価を記録した「Y株価ファイル」を日々の株価読込で読込むと、新規銘柄が銘柄リストに採録されます。

銘柄基本データー

株価取得画面の「銘柄詳細情報取得」コラムにクリックを入れると、現銘柄リストに収録されている上場銘柄について現株価収集と同時に銘柄基本データーが取得されます。

銘柄基本データーは、夫々の「銘柄ファイル」「業績ファイル」に自動収録されます。

株価データーは「1-1、日々の株価DownLoad」と同一のものが作成されます。

この場合、当然ながら株価互助会データーはDownLoad利用されないので、YAHOOファイナンス株価データー収集の為の時間が余計に掛かります。

過去日付株価データー

指定日付での「1-1、日々の株価DownLoad」と同一のものが作成されます。

過去日付株価データーは、YAHOOファイナンス「時系列」株価データーから1銘柄づつ取得します。

この為、インターネットの通信速度に依存した「DownLoad」時間が掛かります。

過去の株価データーを必要とする場合は、この為、株価互助会「過去日付株価データー」を、登録試用会員にも公開しています。

或いは、適宜「株式管理」より配信される株価蓄積データの最新のものを更新インストールしてください。

蓄積株価配信

081114付け蓄積株価をUPLOADしました。

「株式管理」Ver081103-4「2008年 文化の日エディション」を更新インストールする時は、最新配信の蓄積株価も同時にインストールしてください。

DLM(DownLoadMachine)が、新しくなりました。

「株式管理」Ver081103-4対応DLM(DownLoadMachine)は、ユーザー配信のURLから取得してください。

ダウンロードした「DLM。exe」をクリックしてインストールして下さい。

立ち上がった、「DLM(DownLoad Machine)」の左列ボタンでプログラム及びデーターをDownLoadします。

右列ボタンでダウンロードファイルをインストールします。 

「DLM」の詳しい使い方は、こちらを参照して下さい。

「株式管理ダウンロードマシン(DLM)」  http://kabuchart.com/DLM.php

「株式管理」では、月に1~2回程度VER-UPが行われ、最新版が配信されます。

常に最新版に更新インストールをされますようお願い申し上げます。

DLMは、相当期間同一のものを使用します。

新しいURLが配信された時は、DLMを更新してください。

WEBマニュアル

DLMで配信を行っていたマニュアル単行本は、WEBマニュアルとなりました。

「株式管理」ホームページ(http://kabuchart.com)からマニュアルをご覧下さい。

「株式管理」の使い方は、「株式管理」ホームページ  http://kabuchart.com 
のマニュアルをご参照下さい。

http://kabuchart.com/fwd2/Manual.html

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional