株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

5月最高値安値法

FrontPageマニュアル新版チャート編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-20 (月) 15:34:25

5月最高値安値法  

正式呼称は正しくは知りませんが、可也以前に5月最高値平均法と言う手法がありました。

過去5ヶ月の月足株価の最高値の平均を上回ったら、買い出動すると言う手法です。

この手法を演繹拡大して、「5月最高値平均」線と「5月最安値平均」線をチャート上に描くシステムを作ってみました。

4半期から更に長期の株価のトレンドを可也正確に表示します。

「5月最安値平均線」を下回って下げ続けて来た株価が、「5月最安値平均線」をクリアーすると上昇転換の可能性が可也高い確度で推定されます。

逆行に備えてストップロスカットが欠かせませんが、買い仕掛けのポイントとなります。

更に株価が上昇して、「5月最高値平均線」をクリアーすると株価上昇トレンドの確定の可能性が高くなります。

上昇トレンドの中では、株価は、「5月最高値平均線」の上を維持します。

上昇から下降に切り替わる時は、「5月移動平均線」のトレンド表示売買指示は更に明確に読み取ることが出来ます。

「5月移動平均線」は、売買指示の効用もありますが、それよりも株価の上昇・下降のトレンドの確認に威力を発揮します。

CMA株価移動平均線」の傾きと色でトレンドを見つけ、「5月移動平均線」で駄目押しの確認を行います。

5月最高値安値法の設定


共通設定

定数設定画面の表示画面番号の「チャート表示領域」の「5月最高安値ライン」をクリックします。

F1で保存します。

FiveMonthSaitakanehou-1.jpg


個別設定

チャート画面で「め」Key(5月Mayの「め」)で共通設定に対して、表示・非表示をトグルで設定できます。

Shift+「め」Keyで表示線の太さを変更できます。

s_FiveMonthSaitakanehou-2.jpg


チャート表示例 


日足の例


s_FiveMonthSaitakanehou-3.jpg


週足の例


s_FiveMonthSaitakanehou-4.jpg







ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional