株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

鞘サヤ取り講座第5講

FrontPage> 鞘取り講座 > Here

初稿 2010-03-04 記
最新記述:2017-02-19 (日) 13:40:58訂

鞘サヤ取り講座第5講 鞘サヤチャート表示

鞘サヤチャートの呼び出し

立ち上がった各画面のメニューに従って、鞘サヤチャート画面の呼び出しが出来ます。

鞘サヤ銘柄のPAIRが未作成の時は、鞘サヤ銘柄のPAIRを作成するよう指示が出るか、鞘サヤ銘柄は作られていませんと表示されます。

予め「鞘サヤ取り講座第3講鞘サヤ銘柄組合せ・第4講鞘サヤ任意銘柄組合」を実行して、鞘サヤ銘柄のPAIRを作成して置いて下さい。

SayaKouza5-4.jpg

鞘サヤチャート直接呼び出し

「鞘サヤ取MASTER」画面からは、「↓下矢印」Key又「Enter」Key・「Space」Keyでも直接鞘サヤチャートが呼び出せます。

「株式管理」画面からは、「鞘サヤチャート直行」ボタンで直行で呼び出せます。

SayaKouza5-6.jpg

直行呼び出し鞘サヤ銘柄リスト

この場合、

の優先順位で鞘サヤチャートリストが呼び出されます。

「株式管理」・「鞘サヤ取MASTER」を起動した時、当日の株価を読込んだ後に、重要度の高い鞘サヤ組合せから鞘サヤチャートを優先表示・確認できる「株式管理」独自機能です。

重複銘柄表示機能

鞘サヤ取りでは、最大東証・大証4000銘柄の2乗の銘柄PAIRが作れます。(約16万ですね。)

鞘サヤ適格銘柄選定や鞘サヤ適格PAIRの選定を行うのでそんなに大きな数とは成りませんが、選ばれた鞘サヤ適格銘柄を組み合わせると、膨大な数のPAIR数となります。

その中から鞘サヤ取りに適した銘柄PAIRを目視で選定していきます。

選定した銘柄は、日々の株価の値動きに応じて、鞘サヤの動きも変動します。

これも目視で、日々追って行きます。

今まで、この有利な鞘サヤ取り手法が流行らなかった理由は、流行るというよりも、このように物理的に実行が困難乃至不可能であったことが原因と思われます。

「鞘サヤ取りMASTER」の出現で不可能が可能となり、鞘サヤの状況の目視チェックも明瞭なチャート表示で、個々の銘柄PAIRに付いて一瞬作業で実行できます。

それでも可也な数となります。

鞘サヤチャートに表示した鞘サヤ銘柄が、他の鞘サヤリストに含まれる銘柄PAIRの場合には、鞘サヤチャートの左上部に重複登録されている鞘サヤリスト名が赤文字で注意表示されます。

表示されるのは鞘サヤチャートメニューにある

  • 「基本鞘サヤ銘柄」
  • 「任意鞘サヤ銘柄」
  • 「鞘サヤ買候補銘柄」
  • 「鞘サヤ仕掛候補銘柄」
  • 「保有鞘サヤ銘柄」 です。

赤文字が出た時は、そのチャートは見ないで、(「↓」KEYを連続押して、)次の銘柄PAIRに進んで下さい。

或いは、重要でない方の銘柄リストからその銘柄PAIRを削除して、重複を解除して下さい。

SayaKouza5-7.jpg

図例では、保有鞘サヤ取銘柄セイコーエプソン・デンソーが鞘サヤ仕掛け銘柄と重複しています。

「J(重複排除のJ)」KEY

鞘サヤ銘柄重複排除を行います。

他の鞘サヤ銘柄リストに重複登録された「保有銘柄」がある場合は、それらの重複鞘サヤチャート自体を表示しないように、「J」Key(重複排除のJ)で指定することが出来ます。

重複排除を指定すると、保有又は元保有以外の鞘サヤリストに対して、鞘サヤPAIRが保有鞘サヤ銘柄であるもののチャート表示を自動SKIPします。

鞘サヤ取りは、原則として同じ銘柄を含むPAIRへの仕掛けは控えます。

銘柄A・BのPAIRを仕掛けて保有している時、銘柄B・CのPAIRを仕掛けると、銘柄Bが他の銘柄よりも倍の比重となります。

銘柄Bの株価変動が原因で増玉を行うと、銘柄A・BのPAIR・銘柄B・CのPAIRを共に増玉を行う事となり、銘柄Bの比重が4倍となってしまいます。

これを避けるために、保有(仕掛け)銘柄を含む銘柄PAIRは鞘サヤ取り検討の対象外とします.

多くの銘柄PAIRを目視検討する効率向上のため、「J」Keyで重複銘柄PAIRの表示・非表示指定が出来ます。

非表示の場合は、「↓」矢印で鞘サヤ銘柄コードの正順送りの時に表示をスキップします。

一時的にスキップ銘柄を見たい時には「↑」矢印で逆順送りで表示してください。

鞘サヤチャート画面

鞘サヤチャート

SayaKouza5-18.jpg

銘柄名表示

鞘サヤ銘柄は、標準としては、

  • 銘柄コードの若い銘柄が左側に青色で「銘柄A」として、
  • 銘柄コードの大きい銘柄が右側に緑(ライム)色で「銘柄B」として

表示されます。

SayaKouza5-21.jpg

作成時株価表示

銘柄名の右側に、銘柄PAIR作成実行時の株価が表示されます。

その銘柄のユニット数が複数の時は、ユニット数*株価が併記されます。

株価刻み表示ライン

鞘サヤチャートの鞘サヤラインは理論株価で表示されます。

理論株価:株式の売買単位を1000株単位と看做して換算した株価

鞘サヤチャートの株価刻み表示ラインは、50円単位で表示されます。

取引総額では、株価50円*単位株数1000株の5万円単位となります。

鞘サヤチャートメニュー

鞘サヤ銘柄登録(F4~F9各鞘サヤ銘柄リスト

鞘サヤチャート画面で、F4~F9の「FN」Keyは、各Key共通で、現在鞘サヤチャートで表示している鞘サヤ銘柄をその銘柄リストに銘柄登録します

SayaKouza5-8.jpg

Menu「登録」からも、「鞘サヤ同業種」「鞘サヤストキャス」「鞘サヤ相関銘柄」「箸棒銘柄」リストへの銘柄登録が出来ます。

SayaKouza5-10.jpg


鞘サヤ銘柄呼び出し(Shift+F4~F9各鞘サヤ銘柄リスト

鞘サヤチャート画面で、Shift+F4~F9の「FN」Keyは、各Key共通で「Shift+FN」Keyでその鞘サヤ銘柄リストを呼び出します。

Menu「F10鞘サヤリスト」からも、「鞘サヤ同業種」「鞘サヤストキャス」「鞘サヤ相関銘柄」「箸棒銘柄」リストが呼び出せます。

F10鞘サヤリスト/鞘サヤファイル名指定

作成された「鞘サヤ銘柄ファイル」は「C:¥株式管理¥鞘サヤ¥」フォルダー内に格納されます。

Menu「F10鞘サヤリスト」の「鞘サヤファイル名指定」で、このフォルダー内の「鞘サヤ銘柄ファイル」をファイル名で直接指定して読み出すことが出来ます。

SayaKouza5-9.jpg

「ファイルを開く」画面で「C:¥株式管理¥鞘サヤ」フォルダー内の鞘サヤ銘柄ファイルが表示されます。

任意の鞘サヤ銘柄ファイルをクリックして、指定して読み出します。

SayaKouza5-10.jpg

鞘サヤ銘柄ファイル名変更

此処で、鞘サヤ銘柄ファイル名をクリックしてハイライトした時に、マウス(タチッパッド)の右クリックでファイル名の変更が出来ます。

書籍で紹介されている銘柄組合せや、インターネットの鞘サヤ取りサイトなどで紹介されている銘柄組合せなどを、例えば任意銘柄に蓄積しておき、任意銘柄ファイル名を「○○○鞘サヤ銘柄.try」とかに変更する個別鞘サヤ銘柄記録として保存できます。
/任意ファイル名に変更された任意鞘サヤ銘柄ファイルの呼び出しは、同じく「ファイルを開///く」画面で、その銘柄名を直接指定します。

チャート画面拡大縮小

チャート画面メニューの右端に「拡大」「縮小」メニューを設けました。

  • 「拡大」メニューの表示のある時にクリックすると、「鞘サヤチャート画面」がPCスクリーン一杯に拡大表示されます。
SayaKouza5-14.jpg

最近WIN7と共に横長画面のPCが普及してきました。

横長(1366*768)画面の時は横幅一杯の16:9画面となります。

SayaKouza5-14-1.jpg
  • 「縮小」メニューの表示のある時にクリックすると、「鞘サヤチャート画面」がPCスクリーンの80%の大きさに縮小表示されます。
SayaKouza5-13.jpg

横長(1366*768)画面の時は縦幅一杯の4:3画面となります。

同じ機能を「チャート」画面にも設けました。

SayaKouza5-13-1.jpg

増資・株式分割

「鞘サヤチャート」画面で、鞘サヤ表示が垂直線と成っている場合があります。

SayaKouza5-15.jpg

或いは500円毎の株価刻み表示線が極端に近接して画面がグレーとなる場合があります。

SayaKouza5-16.jpg

これらの現象は、鞘サヤ銘柄のいずれかに増資・株式分割があった場合に発生します。

株式分割の割り戻し

株式分割の割り戻しを行うと、過去の株式分割前の高い株価が平準化されて、本来のチャート表示に戻ります。

株式分割の割り戻し表示のの指定・解除は、「変換」Keyで行えます。(通常の株式チャート画面での操作と同じです。)

鞘サヤ銘柄のどちらかに増資・株式分割があった時には、株式分割の割り戻し表示が指定されていると株式分割該当日のチャートの上部に「▽」マークが表示されます。

SayaKouza5-17.jpg

鞘サヤチャート画面の操作

鞘サヤチャート画面の操作は、鞘サヤチャートの基本機能以外のその他の操作は、「株式管理」チャートと略同じです。

鞘サヤ組合せ銘柄の終値チャート同時表示

SayaKouza5-20.jpg

鞘サヤチャート画面で、「O」Key(終値のO)を押すと、鞘サヤチャートを構成する2つの銘柄の、終値理論株価の折れ線グラフが同時に表示されます。

銘柄Aは青色折れ線、銘柄Bは緑(ライム)色折れ線で表示されます。

理論株価の折れ線グラフの株価刻みラインも、鞘サヤ株価チャートと同じく50円単位(取引総額では5万円単位)で表示されます

銘柄平均株価

鞘サヤ組合せの2銘柄は、相互に上下・所を入れ替えて離れたりくっ付いたりしていて、且つ株価水準が似通った銘柄が良いと思われます。

この検証の為に、2銘柄の平均株価を表示しました。

計算期間はチャート画面での表示期間での平均株価です。

その下に表示されている鞘サヤ平均は、2銘柄の平均株価の差です。

鞘サヤ合計比は、「鞘サヤ平均÷2銘柄平均株価合計」です。

この比率の小さい方が2銘柄の株価水準が似通っていると言えます。

表示例では、2つの株価の平均差は18円で変動率は1%と一寸です。

表示例図は、犬が散歩の足元をじゃれ付く、「お前が犬なのか・私が足なのか」の子犬のワルツの好例です。

鞘サヤ銘柄詳細チャート

表示している鞘サヤ銘柄PAIRを構成する個別銘柄の株価チャートを表示します。

「F1」Keyで銘柄Aのチャート、Shift+「F1」Keyで銘柄Bの株価チャートを表示します。

SayaKouza5-21.jpg

チャート画面に呼び出された「銘柄A」・「銘柄B」の株価チャートを切り替えるには、表示されたチャート画面で「←」「→」Key切り替えます。

更に「←」「→」Keyを押すと、表示足の切り替えとなります。

図示すると

  • 「銘柄A」→「銘柄B」の日足→「銘柄B」の週足→「銘柄B」の月足
  • 「銘柄A」の週足←「銘柄A」の月足←「銘柄A」の日足←「銘柄B」

となります。

鞘サヤチャートへの復帰

「株価チャート」画面から、「鞘サヤチャート」画面への復帰は、「↓」Keyを押します。

軸銘柄・脇銘柄入れ替え・「A」Key

「A(A・BのA)」Keyで、鞘サヤPAIRを校正する銘柄Aと銘柄Bを入れ替えます。

鞘サヤ取銘柄の説明で、主たる銘柄を軸銘柄とし、他の銘柄を脇銘柄として添えるとか、軸銘柄-脇銘柄を鞘サヤとして、鞘サヤの拡大縮小や鞘サヤの仕掛け方向を複雑怪奇に説明している過去の書籍があります。

PCで鞘サヤチャートを描けない時代には、そのような説明も止むを得なかったかも知れませんが、鞘サヤを構成するA銘柄・B銘柄を入れ代えて見れば、軸銘柄も脇銘柄も全く同じものと言う事が良く分かります。

銘柄Aと銘柄Bを入れ替えてチャートを見てみると、鞘サヤの複雑(不必要)な理論を超越して、鞘サヤ取引の単純理解が出来ます。

鞘サヤ仕掛け(売買)の実行の時には、「A」KeyでPAIRの銘柄の鞘サヤチャート表示を入替えて、「仕掛け方向が下から上」へ向かう様に指定すると、

  • 青色表示のA銘柄が「買い銘柄」
  • 緑(ライム)色表示のB銘柄が「信用売り銘柄」

となります。

「上へと 伸びる稲穂を 青田買い」  
        ~~~~~~~~~~~~~~~~
                                     と覚えてください。

表示足数変更・「<」[>]Key

鞘サヤチャートの表示足数を増減します。

最大で1000足・約4年を表示可能です。

  • 鞘サヤPAIR選択には[>]Keyで表示足数を多くして全体を見て判断し、
  • 実際の売買には「<」Keyで表示足数を少なくして鞘サヤの動きの詳細を確認する

のが良いでしょう。

過去足表示・「BackSpace」Key

鞘サヤの過去足を表示します。

「株式管理」の標準配信の過去足データをインストールした場合、約10年の過去の鞘サヤチャートが表示できます。

ユーザーが個別に時系列株価データを収集した場合には、1984年以降の過去25年鞘サヤチャートが表示できます。

その他の操作

その他の操作は、「株式管理」チャートとに同じです。

鞘サヤ銘柄削除

現在表示されている鞘サヤ銘柄リストの中の鞘サヤ銘柄を削除をするには、鞘サヤチャートメニューの「削除」ボタン又は「DEL」Keyを押します。

SayaKouza5-22.jpg

鞘サヤ銘柄リストからその鞘サヤ銘柄組合せを削除します。

鞘サヤ株価表示

「End」Keyで鞘サヤ株価表示を場帳表示します。

SayaKouza5-23.jpg
ノートパソコンで「End」Keyを押すには、通常「Fn」Keyと「→」Keyの同時押しですが、「Fn」Keyと「矢印」Keyは離れていて押しにくいですね。

「株式管理」では、「矢印」Keyの近くの「Cntrl」Keyとの同時押しでも「End」Keyとして使用出来ます。

散布図

鞘サヤチャート画面メニュー「Ins散布図」又は「Ins」Keyで散布図が表示されます。

散布図とは、「銘柄A」の株価をX軸・「銘柄B」の株価をY軸に表示したチャートで、2銘柄の株価のバラつきが表示されます。

最小二乗法による近似直線が表示されます。

相関係数が計算されている場合には、相関係数が表示されます。

SayaKouza5-24.jpg

鞘サヤ銘柄リスト

鞘サヤチャートで、「L」Key(リストのL)を押すと、鞘サヤ銘柄リストを表示します。

鞘サヤ銘柄リストの8桁の銘柄コード又は何れかの銘柄名をクリックすると、その鞘サヤ銘柄組合せの鞘サヤチャートが表示されます。

SayaKouza5-25.jpg

メニューの「F2登録修正不可」をクリックすると、「登録修正可」となり、「銘柄削除」メニューが表示され、ハイライト行の削除が出来ます。

SayaKouza5-26.jpg

鞘サヤチャートの使い方

一つの鞘サヤ銘柄絞込み例としての使い方

「F4基本鞘サヤ銘柄」で作成された鞘サヤ取銘柄を、順次鞘サヤチャートを目視確認して有望な・興味ある銘柄組合せを、「F5」Keyで「任意鞘サヤ銘柄」に登録します。

或いは、書物やWEBから参考にした鞘サヤ銘柄や、自分で研究組み合わせた鞘サヤ取銘柄も、「F5」Keyで「任意鞘サヤ銘柄」に登録します。

順次各鞘サヤ銘柄リストを目視して、

  • 「F6」Key・「注目鞘サヤ」:「買い候補」(まあ言えば一向聴(イーシャンテン)ですね)、
  • 「F7」Key・「仕掛候補」(これは聴牌(テンパイ)ですね、証券会社に発注を出した段階です)、
  • 「F8」Key・「鞘サヤ保有銘柄」(これは、当たり・ツモですね。仕掛け売買成立、決裁待ち鞘サヤ銘柄)

と重要度を上げて鞘サヤ銘柄を追い込んで行きます。

鞘サヤ取引の決裁が終った鞘サヤ取銘柄は、「F9」Key・「元保有」へ登録し、過去の売買記録として保存します。

次講座


次講は「鞘チャート指標表示」です。


認証コード(5872)




ページトップへ

前講:鞘取り講座第4講 任意2銘柄組合次講:鞘取り講座第6講 鞘チャート指標表示

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional