株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

銘柄区分登録・解除、同テキスト出力・読込み

FrontPageマニュアル新版導入基礎編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-21 (火) 21:04:02

銘柄区分登録・解除、同テキスト出力・読込み

「株式管理」には、銘柄の区分を各種ユーザー登録することができます。

この登録区分の管理機能を作成しました。

銘柄区分画面


立上げ画面から

「株式管理」の立上げ画面のメニューから「F4リスト作成」を開きます。

s_MeigaraKubun-1.jpg


銘柄リスト作成」画面のメニューの「F10銘柄区分・入出力」を開きます。

s_MeigaraKubun-2.jpg


チャートメニューから

チャートメニューの「F2銘柄区分」からも開けます。

MeigaraKubun-23.jpg


「銘柄区分」画面

「銘柄区分」画面が開きました

s_MeigaraKubun-3.jpg


銘柄カテゴリー

銘柄区分の管理の対象となるのは、ユーザーが任意に区分指定できる次の銘柄カテゴリーです。

銘柄所有関係保有銘柄
信用買い
信用売り
発注銘柄
元保有銘柄
過去保有銘柄
売買候補銘柄買い候補
売り候補
注目銘柄
表示銘柄
株価動向上昇銘柄
下降銘柄
任意グループ登録グループA銘柄
グループB銘柄
グループC銘柄
「L」Key銘柄「L I」銘柄
「LO」銘柄
「LP」銘柄
「LK」銘柄
「Lれ」銘柄
「Lね」銘柄
「Lる」銘柄
「Lめ」銘柄
値動き・株価数活動銘柄


銘柄リストの指定

銘柄区分の指定の対象となる銘柄リストを開きます。

銘柄リストは、チャート表示銘柄リストと同じものです

表示銘柄リスト選択」ボタンを押します。

MeigaraKubun-4.jpg


銘柄リスト指定

チャート画面が表示されるので、チャートメニューの「LIST」から銘柄リストを指定します。

ここでは、例として「グループA」を表示します。

MeigaraKubun-5.jpg


銘柄リストの選択が終わったら、チャートメニューの「Esc終」でチャート画面を閉じます。

「銘柄登録管理」画面から「銘柄選択」ボタンで来た時は、「Esc終」で「銘柄登録管理」画面に戻れます。

MeigaraKubun-6.jpg


銘柄リスト作成画面

銘柄リスト作成画面が表示されます。

表示銘柄リスト選択」ボタンの右側に選択された銘柄リスト名が表示されます。(例では「グループA」)

銘柄リスト表示画面に、選択した銘柄リストが表示されます。

例では、「グループA」なので、全ての銘柄に「A」コラムが表示されています。

s_MeigaraKubun-8.jpg


任意の銘柄の任意区分の指定・解除

任意の銘柄の任意の銘柄区分の指定と解除は、該当銘柄の該当区分のコラムをカーソルでクリックすることで、トグルで、指定・解除されます。

指定・解除と同時に銘柄リストにその指定・解除が記憶されます。

s_MeigaraKubun-9.jpg


区分指定の一括指定

表示された銘柄リストの全ての銘柄を一括区分指定するには、上段枠内の指定する区分をクリックしてチェックマークを入れます。

チェックマークは複数個同時指定可能です。

チェックマークを確認して、「一括登録」ボタンを押します。

s_MeigaraKubun-10.jpg


銘柄一括登録の確認画面が表示されます。

MeigaraKubun-11.jpg


「グループB」が一括登録表示されました。

s_MeigaraKubun-12.jpg


例では、「区分A」の銘柄が、全て「区分B」として一括登録されました。

「区分B」に一括登録してから、「区分A」を一括解除すれば、「区分A」銘柄を全て「区分B」に登録変更することが出来ます。

区分指定の一括解除

一括解除の場合は、「一括解除」ボタンを押します。

対象銘柄は複数指定が可能です。

s_MeigaraKubun-24.jpg


区分指定の全銘柄一括解除

銘柄リストから、現在表示されている銘柄リストを含む全ての該当銘柄を解除します。

現在の登録銘柄を全解除(白紙化)して、新規に該当銘柄を登録する場合は、前以て全銘柄一括解除を行ってから、該当銘柄の登録を行ってください。

s_MeigaraKubun-25.jpg


銘柄区分のテキスト出力

表示されている銘柄リストの内の、テキスト出力する銘柄区分のチェックマークを入れます。

チェックマークは複数個同時指定可能ですが、複数指定の場合は、銘柄区分毎にファイルが出力されます。

チェックマークを確認して、「TEXTファイル出力」ボタンを押します。

出力ファイル

ファイル出力は、「C:¥株式管理¥CSV」フォルダーを作成してそこに出力されます。

ファイル名は、「銘柄区分YYMMDD.CSV」です。(YYMMDDは、当日年月日)

出力先・ファイル名を変更する時は修正をして「OK」ボタンを押します。

s_MeigaraKubun-13.jpg


出力区分が複数個ある時は、順次ファイル名を確認指定します。

s_MeigaraKubun-14.jpg


テキスト出力が完了しました。

s_MeigaraKubun-15.jpg


実際の出力

実際の出力はこのようになっています。

MeigaraKubun-16.jpg


出力ファイル形式

出力ファイルの中はこのようになっています。

  • 1行目は、「出力区分」
  • 2行目以降は、1行ごとに該当銘柄のコード、銘柄名
MeigaraKubun-17.jpg


テキストファイルの読込み

銘柄区分リストをテキストファイルとして読み込みます。

読込ファイル形式

テキストファイルは、下記のものを「C:¥株式管理¥株価」フォルダーに用意します。

基本的には、出力ファイルと同じ形式です。

  • 1行目は、銘柄区分です。(下記参照)
  • 2行目は、銘柄コード(半角数字)です。(銘柄コードのみで読み込みます。)

銘柄コードの後は、記入データーは任意です。(追加する時は、テキスト表示では「,」(カンマ)区切りです。一般のCSV形式)

行数・銘柄数には制限はありません。

ファイル名は、任意です。(ユーザーが自分で内容が分かるようにつけて下さい)

MeigaraKubun-18.jpg


銘柄区分

読み込むテキストファイル1行目の銘柄区分は、ここに表示する区分表示文字を使用下さい。


読込みテキストファイル区分表示
銘柄グループ読込区分表示 (第1項は出力区分表示)
銘柄所有関係保有銘柄保有、保有銘柄、所有
信用買い信用買、信用買銘柄
信用売り信用売、信用売銘柄
発注銘柄発注、発注銘柄
元保有銘柄元保有、元保有銘柄
過去保有銘柄過去保有、過去保有銘柄
売買候補銘柄買い候補買候補、買候補銘柄
売り候補売候補、売候補銘柄
注目銘柄注目、注目銘柄
表示銘柄表示、表示銘柄
株価動向上昇、上昇銘柄
下降、下降銘柄
任意グループ登録グループA銘柄A(注:全角大文字)、A銘柄、グループA、グループA銘柄
グループB銘柄B(注:全角大文字)、B銘柄、グループB、グループB銘柄
グループC銘柄C(注:全角大文字)、C銘柄、グループC、グループC銘柄
「L」Key銘柄「L I」銘柄LI、「LI」銘柄、LI銘柄
「LO」銘柄LO、「LO」銘柄、LO銘柄
「LP」銘柄LP、「LP」銘柄、LP銘柄
「LK」銘柄LK、「LK」銘柄、LK銘柄
「Lれ」銘柄Lれ、「Lれ」銘柄、Lれ銘柄
「Lね」銘柄Lね、「Lね」銘柄、Lね銘柄
「Lる」銘柄Lる、「Lる」銘柄、Lる銘柄
「Lめ」銘柄Lめ、「Lめ」銘柄、Lめ銘柄
値動き・株価数活動銘柄活動、活動銘柄

ファイルの格納位置は、「C:¥株式管理¥株価」フォルダーです。

「株式管理」は、全ての読込みデーターは、「C:¥株式管理¥株価」フォルダーに置くこととしています。

読込み実行時に変更指定できます。

s_MeigaraKubun-19.jpg


「TEXTファイル読込」ボタンを押します。

MeigaraKubun-20.jpg


読込みファイルが表示されるので、指定してください。

読込みファイルが複数ある時は、1ファイルずつ順次読み込んでください。

s_MeigaraKubun-21.jpg


外部のテキストファイルが読み込まれました。

読込みと同時に、銘柄区分は銘柄リストに記憶されます。

s_MeigaraKubun-22.jpg





ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional