株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

資金移動記帳

FrontPageマニュアル新版 > 玉帳編 > Here   最新記述編 導入基礎編 チャート編 実践活用編
最新記述:2013-12-29 (日) 00:15:56

資 金 移 動 記 帳


玉帳の資金を移動します。

玉帳画面メニューの「F9記帳追加」又は「F9」Keyで新規記帳画面を開きます。

科目選択

資金管理・資金移動の記録は、貴重画面の銘柄名コラムの右側の三角形をクリックして、項目を選択します。

ShikinIdou-01.jpg


資金移動記帳画面

資金移動の項目を選択すると、資金移動記帳画面が表示されます。

資金移動コードが自動表示されます。

毎月の決算実施で多数入力する資金移動項目の短縮ボタン(FUNDの出し入れ、信用保証金の出し入れ)が表示されます。

金額コラムが表示されます。

金額欄をクリックして、移動資金額を記入します。

ShikinIdou-02.jpg


資金移動コード

資金項目に対する資金移動コードは次の表のとおりに定めています。

資金移動コードは、銘柄の銘柄コードに相当するものです。


コード資金項目適用
 100  元金元入  投資資金を新たに口座に入れます。
 101  元金引出  口座から資金を引き出します。
 200  資金移動(利益→元金)  年次決算で、利益金を元金に振り替えます。
 201  資金移動(利益←元金)  年次決算で、損失を元金で補填します。
 300  金利  余剰資金をFUND運用した金利を計上します。
 400  FUND預入  現金の一部をFUNDに預け入れします。
 401  FUND引出  FUNDから資金を現金に補填します。
 600  信用保証差入  信用取引の保証金を現金から差し入れます。
 601  信用保証差戻  信用取引の保証金を現金へ差し戻します。
 500  経費  その他の諸経費を計上します。


玉帳へ記帳

資金移動データーが記入できたら、「記帳可」ボタンをクリックしてで玉帳に記帳します。

資金移動の場合は、受渡日は約定期日と同一日となります。

ShikinIdou-03.jpg








文頭へ戻る   前項目:相対詳細表示  次項目:売買画面よりの玉帳記帳

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional