株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

記帳項目

FrontPageマニュアル新版 > 玉帳編 > Here   最新記述編 導入基礎編 チャート編 実践活用編

最新記述:2017-02-20 (月) 16:37:07

記帳項目


KichoGamen-06.jpg


約定期日

売買の取引期日を記入します。

新規データの記帳で全く新たに記帳を行う場合は、当日の年月日が表示されているのでそれを修正します。

データを順次連続して入力する場合は、前回の入力期日が表示されます。

過去の取引を纏めて後から入力する場合は、入力データーを予め期日順に揃えておくと、期日の入力が楽に出来ます。

入力したデーターは、玉帳の表示では期日順・銘柄コード順に自動ソートされるので、順番をランダムに入力することも出来ます。

約定期日の記入は「約定期日」コラムの▼ボタンをクリックして期日の修正を行ってください。

カレンダーが表示されます。

売買期日のコラムの日付が、青丸で表示されます。

現在日の日付が、赤丸で囲んで表示されます。

カレンダーの下部に「今日:YYYY/MM/DD」と直接表示もされます。

TamaDate-2.jpg

年号の設定

上段の年号をクリックします。

TamaDate-3.jpg

年号の右側に上下のボタンが表示されます。
希望の年号が表示されるまで上下のボタンをクリックします。

TamaDate-4.jpg

月号の設定

上段の左右の矢印ボタンをクリックすると、月号が変更できます。
矢印ボタンをクリックし続けるとその先の年号に変更することも出来ます。

TamaDate-5.jpg

日号の設定

希望の年月が表示されたら、その中の日号を直接クリックします。
選んだ日号は青丸で表示され、売買期日のコラムに年月日として表示されます。

市場立会日検証

記帳データーを「記帳可」ボタンで記録する時、約定期日が市場立会日でない時は、警告画面が表示されます。
約定期日を市場立会日に直してください。

TamaDate-8.jpg

 

受渡期日

売買は4営業日後に受渡処理されます。

受渡期日は、約定期日を入力すると自動計算表示されます。

3月末及び9月の末の期末は、4営業日後以外が「受渡期日」となる場合があります。
証券会社により、或いは期末の週末曜日状況による事かもしれません。

この場合は、「受渡期日」コラムの▼ボタンをクリックして受渡期日証券会社の売買報告の受渡期日に修正を行ってください。

行/総数

現在開かれている玉帳データーの表示行番号とその玉帳データーの総データー数を表示します。

口座

現在開かれている玉帳の口座名を表示します。

右側の▼で、口座管理画面に登録した玉帳口座を表示選択できます。

口座を変更した時は、記帳データーは変更した口座に記録されます。

Code・銘柄

記帳する銘柄CODEを記入します。

売買区分が「信用」の時は、信用銘柄のみ記入できます。

銘柄CODEを入力すると、「銘柄名」と「単位株数」とが自動表示されます。

誤った銘柄コードを入力すると、エラー表示されます。

銘柄コラムの右側の▼ボタンで、資金移動項目が選択できます。

KichoGamen-07.jpg

資金移動項目を指定すると資金移動画面が表示されます。

KichoGamen-08.jpg

資金移動の表示項目名称は、一旦表示後に、例えば「経費(口座管理費)」の様に任意の名称に修正記入が出来ます。

株数

標準では、その銘柄の単位売買株数が表示されます。

株数コラムをクリックして実取引の売買株数を記入します。

株価

株価コラムをクリックして売買株価を記入します。

株価は円単位で記入しますが、小数点2桁まで記入することも出来ます。

区分

区分コラム右側の▼ボタンで、「現物(取引)」と「信用(取引)」とが選択できます。

売買

売買コラム右側の▼ボタンで、夫々の売買カテゴリーの株式取引及び株券移動等の項目が選択できます。
表示内容は、信用区分・現物区分で各々自動表示されます。

  • 現物項目
     買仕掛
     売決裁
     株式分割
     株券入庫
     株券出庫
KichoGamen-09.jpg
  • 信用項目
     空売仕掛
     空売買埋
     現渡
     空買仕掛
     空買売埋
     現引
     配当調整
KichoGamen-10.jpg

手数料

仕掛け取引では、売買仕掛け手数料コラムを記入します。

決裁取引では、売買決裁手数料コラムを記入します。

消費税

手数料に応じてその売買期日での有効な消費税率による消費税が自動計算表示されます。

適応期間消費税
 1989年3月31日以前   0 %  
 1989年4月1日以降   3 %  
 1997年4月1日以降   5 %  
 2014年4月1日以降   8 %  


消費税は、手数料と管理費の合計に対して所定消費税率で自動算出されます。

  • 消費税の掛からない費目
    管理費以外の消費税の掛からない費用は「金利・逆日歩・配当」コラムに合計額」を記入してください。

管理費

管理費は、信用取引の決裁画面で表示されます。(当然ながら、現物取引には表示されません。)

管理費は、株式売買の手数料以外の費用で消費税が掛かる費用をここに計上します。

金利・逆日歩・配当

「金利・逆日歩・配当」コラムは、信用取引の決裁画面で表示されます。(当然ながら、現物取引には表示されません。)

「金利・逆日歩・配当」コラムは、株式売買の費用で消費税が掛か掛からないその他の経費をここに計上します。

その他の経費の例

取引きの時期により異なります。
証券会社により呼称が異なる場合もあります。

  • 受取利息
  • 支払利息
  • 逆日歩
  • 名義書換量
  • 事務管理費
  • 分配金
  • 値洗取引税

玉帳での表示は、管理費と合計して「管理費」としてその取引行に表示されます。

譲 渡 税

株式譲渡益税の記帳です。

譲渡税コラムの左のコラムをクリックすると、源泉分離課税・申告分離課税が選択できます。

有価証券取引税

平成11年(1999年)3月31日以前の決裁記帳の時に表示されます。

それまでは、株式の売却を行った時に、売買総額の「1万分の10」の有価証券取引税が、株式売買の利益に係わらず課税されていました。

資金移動

玉帳データーを記帳すると、その取引の資金移動額を自動算出します。

実際の使い方

  • 売買報告書に基づいて記帳画面の各コラムに金額を記入します。
  • 証券会社の売買報告書の実際の買い支払金額・売り受取金額と「資金移動」コラムに表示される額が一致すれば正しく記帳されています。
  • 表示された資金移動額が、売買報告書の金額と一致すれば「記帳固定」ボタンをおして玉帳に記帳しデーターとして固定します。

損益・純損益

「損益」は、「決裁取引」での経費等を差し引いた、利益・損失を表示します。

純損益」は、相対関係にある「仕掛取引」と「決裁取引」を通じた総経費等を差し引いた、総額での利益・損失を表示します。

信用取引の決裁の場合は、「純損益」は証券会社との貸し借りの差額清算なので「資金移動」と同額となります。





ページトップへ  前項目:記帳画面  次項目:記帳ボタン

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional