株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

相対詳細表示

FrontPageマニュアル新版 > 玉帳編 > Here   最新記述編 導入基礎編 チャート編 実践活用編

最新記述:2013-12-29 (日) 22:55:15

相対詳細表示


玉帳の相対関係の記帳は、現在表示されている玉帳での各データーの表示行が相対行・REFER行として表示されます。

玉帳の表示行番号は、日付順ソート・銘柄順ソート・月次決算表示・年次決算表示等で表示形式により同じ玉帳データーが異なる行番号で表示されます。

相対関係が複雑な時には、行番号での表示は分りにくい、或いは相対関係の指定がコンガラカッて分け分らなくなった時に、玉帳データーの記録の絶対位置(謂わば本籍地)での表示による確認が可能です。

相対詳細

「Pstn」

Pstn=記録位置番号です。

相対番号は取引の表示行で示されますが、玉帳の表示形式により行番号は変わり、それに応じて相対番号も異なった行番号で表示されます。

玉帳の表示形式に係わらず同じ相対番号が表示されるように、「Pstn」番号を設けました。

「Pstn」番号は、玉帳ファイル毎に、(言い換えれば玉帳口座毎に)1番から記帳ごとに順番に連番で玉帳データーに振られます。

依って、新規データーは、データー総数が「Pstn」番号となります。

特定の玉帳データーが削除された時は、その「Pstn」番号は欠番となりますが、欠番のある時に新規データーが記帳されると欠番の古い番号から「Pstn」番号が再指定されます。

依って、「Pstn」番号の最大値はその時のデーター総数となります。

「AitaiNo」

相対行の「Pstn」番号が「AitaiNo」となります。

「RefNo」

信用品受け(現引き)・信用品渡しの時は、「AitaiNo」に加えてRefer行の「Pstn」番号が「RefNo」となります。

相対詳細表示

玉帳画面の「相対詳細」ボタンをクリックすると、相対関係の詳細を表示できます。

AaitaKicho-18.jpg


相対詳細表示は、

  • 玉帳画面玉帳データー各行右端に、その行の玉帳データーの「Pstn」「AitaiNo」「RefNo」の各コラム
  • 記帳画面上部口座コラム右側、CHQボタンの下にその記帳銘柄のデーターの「Pstn」「AitaiNo」「RefNo」の各コラム
    (コラム名の表示は有りません。)
AaitaKicho-22.jpg


  • 記帳画面相対取引グリッドデーター各相対銘柄行右端に相対銘柄の「Pstn」「AitaiNo」「RefNo」の各コラム
AaitaKicho-21.jpg



が表示されます。

表示データーは、取引データーの本籍地(Pstn番号)で示されます。

「AitaiNo」「RefNo」と「Pstn」をクロス参照してその「Pstn」の行番号をトレースすると相対関係の詳細が確認できます。

1対多相対関係の時は、1コラムにカンマで区切って複数番号が表示されます。

相対株数詳細表示

玉帳画面で「相対詳細」ボタンがクリックされている時、記帳画面の口座コラム右に「CHQ」ボタンが表示されます。

AitaiShosai-1.jpg


「1対多」相対指定の時に株数関係の詳細を確認するのに「CHQ」ボタンをクリックします。

AitaiShosai-2.jpg









文頭へ戻る  前項目:1対4相対記帳  次項目:資金移動記帳

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional