株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

画面印刷-2

FrontPageマニュアル新版チャート編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

初稿:2008-06-25
最新記述:2017-02-20 (月) 16:13:03

画面印刷

03年8月の印刷機能一新向上で、チャートの印刷を充実しましたが、秋以降の新しい指標機能等の搭載に印刷機能が追いついていませんでした。

このほど、画面印刷機能を完全稼動させました。

文字通り、画面に見たとおり印刷して打ち出します。

尤も、パソコンのCRTは横長で、印刷用紙は縦長でその差が出ますが、印刷では縦長紙面では株価幅・指標表示幅が広くなるので好都合です。

日々の運用では、所有株や目ぼしい注目株は画面で見るだけでなくて、用紙に打ち出して比較することをお勧めします。

画面では、表示は一過性で次々に見ると印象が薄らぎますが、用紙に印刷して見比べたり、常に身に着けて持ち歩いて少しの合間の時間を活用して銘柄研究が出来ます。

印刷は、大きいほど見やすいですが、日々の運用ではA4用紙が手頃で便利です。
最近はスーパーでも、コピー用紙がとても安く手に入ります。

株式管理のチャート印刷は、CRT画面のベタコピーではなくて、その都度プリンターのカンバスに描画しているのでプリンターのインキの消費量も極少量です。

プリンターはインクジェットカラープリンターのなるべく印刷速度の速いものをお使い下さい

現在(2014年秋)では、インクジェットカラープリンターの最速はBROTHERのDCP-J4215Nです。
用紙を縦方向にプリンターヘッドが走るので、快適にストレス無くチャート印刷が出来ます。
BROTHERの2014新製品も発表されましたが、印刷スピードは同一です。
新製品は未だ高いので2014年モデルのERのDCP-J4215Nがお勧めです。(2015-10-18記)

チャート画面表示

チャート画面の表示は、「Q」Keyで4つに切り替えできます。

画面を大きくする 「Queen Size」の「Q」と覚えて下さい。

「K」Keyが既に使われていたので、「King Size」は諦めて、「Queen Size」の「Q」Keyにしました。

その後4画面化したので、素早く切り替える「Quick Change」の「Q」でも良いです。

s_GamenPrint2-1.jpg


標準画面のチャート

標準画面です。

画面左上の 株価チャートと、画面左下の指標チャートと画面右側の銘柄データーが表示されています。

s_GamenPrint2-2.jpg


株価・指標画面のチャート

株価チャートと、指標チャートの画面です。

画面印刷をする時は、「Q」Keyでこの画面に切り替えてから印刷すると良いでしょう。

s_GamenPrint2-3.jpg


株価・銘柄画面のチャート

株価チャートと、銘柄データーの画面です

s_GamenPrint2-5.jpg


全画面のチャート

所謂株価チャート「全画面」です。

s_GamenPrint2-4.jpg


印刷実行

印刷は、チャート画面のメニューの「F11」のサブメニューで「画面印刷」で行います。

s_GamenPrint2-6.jpg


直接、「Cntrl+F11」でも構いません。

印刷設定画面から

F11で印刷設定画面を呼び出したときは、「F7画面印刷」を選びます。

GamenPrint-1-2.jpg


画面印刷実例

上記のチャート画面をA4用紙に画面印刷したものです。
縦長になって、こちらも見やすいでしょう。

s_GamenPrint2-8.jpg




最新記述編  導入基礎編  チャート編  チャート印刷画面(目次)  玉帳編  実践活用編

ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional