株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

現物売買

FrontPageマニュアル新版 > 玉帳編 > Here   最新記述編 導入基礎編 チャート編 実践活用編

最新記述:2013-12-25 (水) 00:40:22

現物売買

記帳画面呼出

新規に玉帳データーを記帳する時は、玉帳画面のメニューの「F9記帳追加」をクリックします。

玉帳画面で、直接「F9」Keyでも呼出せます。

GenbutuBaibai-1.jpg


新規記帳画面

新規記帳画面は、「現物の買い仕掛け」が表示されます。

売買区分短縮ボタンで、「信用買」「信用売」「現物売」の新規記帳画面に変更できます。

GenbutuBaibai-2.jpg

現物買記帳

  • 「約定期日」を記入します。
    受渡期日」が自動表示されます。
  • 「コード」コラムをクリックして、記帳する銘柄コードを入力します。
    銘柄名は自動表示されます。
    株数は単位株数が自動表示されます。
  • 「株数」「株価」「仕掛手数料」を記入します。
    消費税」は、自動計算表示されます。
  • 「記帳可」ボタンをクリックします。
GenbutuBaibai-3.jpg

「約定期日」が市場立会日では無い時は、エラー表示されるので立会日に直して下さい。

GenbutuBaibai-4.jpg

玉帳表示

記帳結果が、玉帳に表示されます。

「相対」コラムは未指定なので「未」と表示されています。

「資金」「利益」が自動計算表示されています。

GenbutuBaibai-5.jpg

現物売記帳

新規記帳画面に、新たに現物売りデータを記帳して、買い仕掛けと相対関係を指定する事も出来ますが、「売り」の前提となる「買い」記帳から反対決裁を記帳するのが簡単です。

  • 玉帳の「現物買仕掛け」行の「区分」コラムの「現物買」をクリックしてその行の売買の記帳画面を表示します。
  • 該当行をクリックしてハイライトし、メニュー「F7データー訂正」をクリック、又は「F7」Keyを押しても表示できます。
  • 表示された「買い仕掛け」記帳画面の決裁短縮ボタン「現売」をクリックします。
GenbutuBaibai-8.jpg

記帳データーが固定されている時は、「はい(Y)」で固定を解除します。

前以て「記帳固定」ボタンをクリックして「記帳可」にして置く事も出来ます。

GenbutuBaibai-9.jpg

現物売データー記入

「現物買い」に対する「現物売り」記帳画面が作成表示されます。

「現物売り」に対する「現物買い」相対関係・資金移動・損益・純損益が算出表示されます。

「現物売り」決裁期日・株価・決裁手数料を記入して「記帳可」ボタンで記帳データーを記録・保存します。

 「税区分」コラムをクリックして「申告」又は「源泉」を選びます。
 「源泉」の場合は、「源泉譲渡税」を記入します。
 「申告」の場合は、「譲渡税」は未記入とし、年末に税務申告を行います。


 自動記帳の時は、日付修正を忘れやすいので気を付けましょう。


GenbutuBaibai-10.jpg

玉帳に「現物売り」反対決裁が表示されました。

相対関係は正しく記帳されたので、「相対」コラムは空白表示となっています。

GenbutuBaibai-11.jpg







文頭へ戻る   前項目:記帳ボタン  次項目:信用売買

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional