株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

業績データー加工

FrontPageマニュアル新版導入基礎編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-21 (火) 21:13:30



無尽蔵業績データーの公開が終了した為、本稿は休止といたします。
業績データーはCMAlabにて収集した個別銘柄業績を業績圧縮ファイルとしてDLM(DownLoadMachine)で提供しております。



業績データー加工

業績データの準備

業績ダウンロード」項を参照して「無尽蔵業績データー」をダウンロードします。

ダウンロードした「無尽蔵業績データー」は圧縮ファイル(GYYMM.lzh)です。

業績データーの解凍

ダウンロード後、一旦「業績読込」を実行します。

圧縮ファイルが自動解凍されてエクセルファイルとなります。

エクセルエラー表示

エクセルファイルは直接読み込めないので次のエラー表示が表示されます。

エクセルエラー


データーの表意形式修整


「エクセルファイル」読込

ファイル名を右クリックし、ポップダウンメニューの「開く」で「エクセル」を開きます。 [#i7cbf39a]

エクセル読込



テキストファイルに変換する前に、データー形式の修整を行っておきます。

決算期表示

決算期表示が「年月」となっているので、「年月日」まで表示するように変更します。

「決算期」(前期・当期・次期)をクリックしてハイライトします。

業績決算期


「セルの書式設定」を選びます。(メニューの書式→セル)

分類を「日付」を選びます。
種類を「YYYY/M/D」を選びます。

エクセル書式


データーのソート

データーは、年月日順に読み込みます。
その為に、データーを(1)銘柄CODE順、(2)日付順にソートします。

ファイルの保存

修整した業績データーを、タブ区切りテキストデータに変換して、「C:¥株式管理¥株価」フォルダーに格納します。

  • 「名前をつけて保存」を選びます。
  • ファイルの種類を「テキスト(タブ区切り)(*.txt)に変えます。
  • 保存先を「C:¥株式管理¥株価」に指定します。
業績保存


エクセルマクロ例

業績データーの整形は提携業務なので、マクロを作成して、パソコンのエクセルの「PERSONAL。XLS」の共通マクロとして保存して置くと便利です。

マクロは、エクセル操作をトレースすれば簡単に出来ます。
「株式管理」でのマクロの例です

マクロ


過去の業績データー形式

  • 2000年以前のデータには、PDFファイルのため、対応していません。
  • 2001年1月~3月のデータは、「01_01Gyo.txt」形式のタイトルとなっています。
    決算データと修正データ-が収録されています。
  • 2001年4月~5月のデータは、「業績発表01_04.txt」 と「修正発表01_04.txt」 形式の2タイトルとなっています。
  • 2001年6月 のデータは、「決算発表01_06.txt」 と「修正発表01_06.txt」形式の2タイトルとなっています。
  • 2001年7月~12月のデータは、「決算発表01_07.txt」 と「業績修正01_07.txt」形式の2タイトルとなっています。
  • 2002年1月~のデータは、「02年01月業績発表.txt」形式の1タイトルに統合されています。

ファイル毎に、データ形式が異なるので、自動選択して読み込みます。

今後、無尽蔵殿にて、タイトル変更や内部データ-構造の変更が有った時には、読込プログラムの改修を必要とする場合が有り得ます。





ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional