株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

株式管理ダウンロードマシン(DLM)

FrontPageマニュアル新版導入基礎編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-21 (火) 21:42:05

株式管理ダウンロードマシン(DLM)    

「株式管理」プログラムのご登録・ご利用を有難うございます。

簡単にミス無く「株式管理」プログラムインターネットから自動ダウンロードしてインストールできる「株式管理ダウンロードマシン」(DLM  DownLoadMachine.exe)をご紹介します。

「ダウンロードマシン」のダウンロード

株式管理DLM(ダウンロードマシン)の入手は、「株式管理」のユーザ登録を行い、登録ユーザーへの配信メールで通知される 「URL」 をクリックして、ダウンロードしてください。

ユーザへの配信メール

CMA登録ユーザへの配信メールです。

ダウンロードマシンのURLをクリックすると、ダウンロードマシンのインストールプログラムがダウンロードされます。

s_DLM_1.jpg


ファイルのダウンロード画面

配信メールのURLをクリックすると、ファイルのダウンロード画面が表示されます。

「実行」を選びます。

DLM_2.jpg


セキュリティーの警告

「セキュリティーの警告」が表示される場合がありますが、「実行する(R)」をクリックします。

DLM_3.jpg


「DLM」のダウンロード

「株式管理ダウンロードマシン」のインストールプログラム「DLM.exe」が、ダウンロードされます。

DLM_2.jpg


「DLM」のインストール

「DLM」のインストール画面が表示されるので、「次へ」をクリックします。

DLM_4.jpg


インストール先の指定

DLMのインストール先は、標準設定では 「C:株式管理¥DLM¥」 が指定されます。

「C:¥」 ドライブに「株式管理」フォルダーが自動作成され、更にその中に「DLM」フォルダーが自動作成されます。

注)DLMのインストール先の「C:株式管理¥」が、「株式管理」プログラムのインストール先となります。

注)パソコンに余り詳しくない方は、この標準設定を変更しないで下さい。

DLM_5.jpg


パソコンに詳しいユーザーで、他のドライブにインストールしたい場合は、インストール先ドライブの指定を変更してインストールも出来ます。(パソコン上級者の自己責任で行ってください。)

この場合もインストール先ドライブのルートディレクトリーに「株式管理」フォルダーを指定してください。

インストールディレクトリー(フォルダー)は、ユーザーの誤操作を防ぐために、「ルートディレクトリー:¥株式管理¥」に固定されています。

以降、「株式管理」プログラム本体・株価データーのインストール時にも同じ設定をして下さい。


インストール先フォルダー作成

新規インストールの場合は、「インストール先フォルダー作成」確認画面が表示されます。

「はい」をクリックしてください。

DLM_6.jpg


インストールが実行されます。

DLM_7.jpg


インストールの完了とDLMの自動起動

DLM(ダウンロードマシンDownLoadMachine)のインストールが完了しました。

DLMはインストールされると自動起動します。

尚、DLMのファイル名は、「C:株式管理¥DLM¥DownLoadMachine.exe」です。

DLM_8.jpg


同時に、「デスクトップ」に、「ダウンロードマシン(DLM)」の起動アイコンが作られます。

株式管理ダウンロードマシン(DLM)の使い方

「DLM(株式管理ダウンロードマシン)」を用いて、簡単な操作で・失敗無く・誰でも、「株式管理」プログラムや・株価データーのインストールが実行出来ます。

プログラムファイルのダウンロードとインストール

「全一括連続実行」ボタンを押すと、「株式管理」プログラム本体・株価データーファイルが、ファイル毎にインターネットからダウンロードされ、インストールが順次連続自動実行されます。

株価データのみ一括実行、或いは個別ファイル毎の実行も出来ます。

DLM_9.jpg


「株式管理」プログラム本体のインストール

ここでは、説明例として「株式管理」プログラム本体のインストールを説明します。

「全一括連続実行」をクリックします。

セキュリティーの表示

パソコンにインストールされているセキュリティープログラムによっては、次のようなセキュリティーの表示がされる場合があります。

「許可する」或いは「実行する」等でプログラムのDownLoadを指定してください。

(例図は、ソースネクストの場合です)

DLM_10.jpg


「DownLoad」作業中は、その進行度が表示されます。

ダウンロードの実行は、インターネットを呼び出すのに、少し時間が掛かる場合があります。

実行中の「DownLoad」の進行に伴って、ダウンロードしたファイルのサイズが表示されます。

ファイルのダウンロードが完了すると、そのファイルのインストール画面が自動起動します。

「次へ(N)」をクリックします。

DLM_11.jpg


インストールの確認

インストール実行条件の確認画面が表示されます。

「次へ(N)」をクリックします。

DLM_12.jpg


インストール先フォルダーの確認画面が表示されます。

「次へ(N)」をクリックします。

DLM_13.jpg


インストールの開始確認画面が表示されます。

「次へ(N)」をクリックします。

DLM_14.jpg


インストール中の表示

インストールの進行状況が表示されます。

DLM_16.jpg

インストール画面が立ち上がらない場合 (2011/12/20追記)

DLMで「株式管理」プログラム・「株価データープログラムをDOWNLOADした場合、インストール画面が順次自動立ち上げされます。

ユーザーPCにインストールされているセキュリティーソフトの影響等で、次のような表示がされたりして、インストール画面が表示されない場合が有るようです。

DLM-Fail-1.jpg

ファイルのDOWNLOAD実行

このような場合は、DLMの個別DOWNLOADボタンで各ファイルの一旦DOWNLOADを実行してください。

DLM-Fail-2.jpg

ファイルのインストール実行

エクスプローラー等でPCのHARD DISKの中の「C:¥株式管理¥DLM¥」フォルダーを開いて、DOWNLOADされている個々のファイルを直接クリックして、インストールソフトを立ち上げて下さい。

nolink,DLM-Fail-3.jpg

初期インストール時の処理


「株式管理」の起動

「株式管理」プログラムがインストールされると、自動で「株式管理」が立ち上がります。

最初の立ち上げ画面です。

s_DLM_01.jpg


データファイル領域の作成

「株式管理」で使用するデーターファイルのファイル領域の作成を行います。

実際には、大容量の「株価データー」・「業績データー」は、ダウンロードファイルをインストールするので、作成するのはそれ以外のファイル領域のみです。

説明文を拡大してみます。

「はい(Y)」を選んで下さい。

DLM_02.jpg


s_DLM_03.jpg


ユーザー固有データーの転記継承

「株式管理」プログラムをインストールすると、同梱配信される銘柄リストが読み込まれます。

既に「株式管理」プログラムをインストールしているユーザーが、新しいVerの配信等で、更新インストールを行う場合には、「株式管理」プログラムを上書きインストールすると、銘柄リストに記録されている、保有銘柄データー等のユーザー固有データーは、更新インストールされた新しい銘柄リストに転記され継承されます。

s_DLM_23.jpg


その他のファイルのインストール

一括実行の場合、「株式管理」プログラム本体のインストールが終わると、「株価蓄積データー」・「業績データ」が引き続き自動実行されます。

個別実行の場合は、夫々の実行ボタンを押してください。

個別実行の場合

個別実行の場合は、夫々のファイルの実行ボタンを押してください。

インストールの順序は、順不同でも構いません。
同じファイルを、再度インストールしても上書きされますので支障はありません。

インストール中のファイルは、インストールボタンに「インストール中」の表示がされます、
インストールの終わったファイルは、インストールボタンに「終了」の表示がされます、

過去株価のインストール

「過去株価」のボタンを押すと過去株価のインストール実行ボタンが表示されます。

過去株価は、直近12年分ほどを用意しています。

「株式管理」の「時系列株価取得機能」で、1983年からの25年株価が搭載可能です。

マニュアルの「時系列株価取得」を参照して、25年株価データーベース構築にも挑戦してみてください。

DLM_18.jpg


過去足は別のサブフォルダーに格納されます。

新規インストールの場合は、サブフォルダーの作成確認画面が表示されます。

DLM_24.jpg


ファイルの再インストール

既にダウンロード済みのファイルを再インストールする場合は、「再インストール」ボタンを押します。

「DL済みファイル再インストール」ボタンが表示されます。

対象ファイルのインストールのみを個別実行できます。

DLM_19.jpg


マニュアル呼出

「DLM」画面からDLMのマニュアルが呼び出せます。

DLM_20.jpg

現在ご覧のこのマニュアルです。

s_DLM_21.jpg


簡単インストール法

慣れると、「株式管理」のインストールはKEY Boardで「Enter」Keyを数回押すだけでインストールが実行できます。

インストール画面が順次表示されますが、基本的に全て、「次へ(N)」・「Yes」・「OK」です。

Key操作の場合は、「Return」・「Enter」です。

お試し下さい。

s_DLM-22.jpg


インストール完成!!


全てのファイルのインストールが終了しました。

ファイルのダウンロードとインストールが終わりました。

インストールの終了したボタンの表示が、「終了」となります。

ダウンロード済みのファイルサイズが表示されます。

DownLoadが終了すると、「終了したよ!!」画面が表示されるので「OK」ボタンをクリックして下さい。

さあ、「株式管理」のインストールが終わりました。

簡単でしょう。

DLM_17.jpg


インストール完了時のフォルダーとファイル

「C:株式管理」フォルダーの中に次のサブフォルダーが作られます。

DLM_26.jpg


「日足年号フォルダー」の中には過去の日足株価が収録されます。

s_DLM-27.jpg


インストールの失敗

インストールボタンを押しても、インストールが開始しない、或いは次のようなエラー画面が出る場合があります。

DLM-ERROR.jpg



エラー画面には、システム障害やハードディスクの破損やウイルス感染など、色々恐ろしいことが書いてありますが、エラー原因となりうるあらゆることを書き出しているだけで、ご心配は要りません。

インストールの失敗は、殆どの原因は、ファイルが正しくダウンロードされていない為です。
通信状況等で、ダウンロードしたファイルが不完全(壊れている)なのが原因です。

時間を見計らって、ファイルのダウンロードをやり直してみてください。
インターネットは、夕刻から真夜中の1時2時までは、マニアで混み合っているようです。

「株式管理」の起動

起動アイコン

デスクトップにある「株式管理」のショートカットボタンで「株式管理」を起動してください。

DLM_22.jpg

「株式管理」を存分にご活用ご愛用下さい。






ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional