株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

株式管理のファイル構造

FrontPageマニュアル新版導入基礎編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-22 (水) 13:21:35

株式管理のファイル構造

フォルダー(ディレクトリー)構造

「株式管理」をインストールすると標準設定で、ルートディレクトリーに「C:¥株式管理¥」フォルダーが作られ、このフォルダー及びその下部フォルダーに全てのデーターが展開収容されます。

ユーザーがユーザーの自己責任で異なる設定も可能ですが、以下の条件を満たしてください。

ドライブの指定

  • ドライブ「C:」の中のルートディレクトリーに「株式管理」フォルダーを置きます。

ドライブ「C:」を、他のドライブに変更することは可能ですが、必ずルートディレクトリーに「株式管理」フォルダーを置いてください。

フォルダー名称

フォルダーの名称は、必ず「株式管理」としますが、その後ろに任意の文字を追記することが可能です。

例えば

  • 「株式管理」
  • 「株式管理現役」
  • 「株式管理暫定運用」
  • 「株式管理Ver○○○」
  • 「株式管理パパ」
  • 「株式管理ママ」

「株式管理」プログラム「KABUSIKI.EXE」は、必ずこのフォルダー内に置いてください。

「KABUSIKI.EXE」は、自分の存在するフォルダー名に「株式管理」の4文字があることを確認して起動・機能します。

これにより、フォルダー毎に複数の「株式管理」を並行運用することが可能です。
デスクトップの起動用アイコンは、それぞれのフォルダーに応じた名称に変更して利用下さい。

「CMA_DIR。EXE」プログラム (2009年2月追記)

「株式管理」を3つまで並行運用が可能な、切り替え機能を持った「CMA_DIR。EXE」プログラムをユーザー配信しています。

「CMA_DIR。EXE」プログラムは、「株式管理」プログラム本体の配信インストールプログラムに同梱されています。

「株式管理」プログラム本体をインストールすると、インストールされた「C:¥株式管理」フォルダーの中に「CMA_DIR。EXE」プログラムが存在します。

「CMA_DIR。EXE」プログラムは、「株式管理」のフォルダー名を変更して切り替える機能です。

自分が存在するフォルダーの名称の変更は出来ないので、「株式管理」のフォルダー外へ「CMA_DIR。EXE」プログラムを移動してご利用下さい。





ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional