株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

株価読込設定

FrontPageマニュアル新版導入基礎編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-03-10 (金) 11:45:27

株価読込設定

株価読込設定

「株式管理」プログラムの「立ち上げ画面」(表紙)のメニューの中の「株価読込設定」を選びます。

nolink,KabukaReadSettei-1.jpg


株価読込設定画面

株価読込設定」画面が表示されます。

KabukaReadSettei-2.jpg


標準設定

株価読込の標準設定を行う時は、「標準設定」ボタンを押します。

  • 株価読込対象ファイル」が、全て選択指定されます。
     株価は日足ファイル、信用残ファイルが読み込まれます。
  • 株価読込自動実行」が、全て選択指定されます。
     「株式管理」を立ち上げて、立ち上げメニューの「F1株価読込」を選ぶと、株価のダウンロード、株価読込、シュミレーションを連続自動実行します。
  • 「週足・月足作成毎回実行」が、選択指定されます。
     日足読込の時に、当日株価による週足・月足を自動作成します。
     年足は毎月末に月足から作成されます。
  • 「過去足作成3年毎一括」が、選択指定されます。
     株価データーは1000足蓄積されます。
     1000足の過去の日足株価は3年毎に作成・別ファイルに格納されます。
     週足は18年毎に過去週足が作成されます。
     過去足は毎回作成も可能ですが、株価修復等の特殊目的に使用します。
  • 「ショミレーション」連続実行が、選択指定されます。
     株価読込に引き続いて、「ショミレーション」を連続実行します。
  • 「ショミレーション」の各項目が連続実行に選択指定されます。
     シュミレーションの実行は任意です。
     必要の無いユーザーは、この指定を外して下さい。
     個別シュミレーションの実行選択も可能です。
KabukaReadSettei-3.jpg


保存終了

「Esc保存終了」ボタンを押して、保存終了します。

画面右上のクローズボタン(「赤色×マーク」)では閉じないで下さい。

株価読込初期設定内容が保存されません。

必ず「保存終了」ボタンで保存終了してください。


KabukaReadSettei-4.jpg


初期設定ボタン

株価読込設定」画面の「初期設定」ボタンは不注意に使用しないで下さい。

KabukaReadSettei-5.jpg


「初期ファイル構造設定」ボタンが表示されます。

KabukaReadSettei-6.jpg


全てのデータファイルが初期化されデーターが全て空白となります。 

「株式管理」は、「プログラム本体」と銘柄リストだけで、YAHOOファイナンス株価データーにより、1983年よりの全ての株価データーベースを構築可能です。

使用法は、別途解説いたしますが、興味ある方はご試用下さい。

nolink,KabukaReadSettei-7.jpg






ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional