株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

株価蓄積ファイル(090703)配信

FrontPage

7月3日株価株価蓄積データーの配信

7月3日までの株価株価蓄積データーをUPLOADしました。

お手元のDLMでDownLoad並びに更新インストールをお願いします。

「株式管理」最新版DLM(DownLoadMachine)は、ユーザー配信メールのURLから取得してください。

                 記

「株式管理」の運用に当たっては、銘柄リストがCMAlabでの最新版のものと同一(同期が取れている)ことが大事です。

「同期が取れている」とは、銘柄リストの銘柄の「上場市場」「上場区分」が最新のデーターとなっていることを言います。

一部の銘柄で最新データーとの同期が取れていないと、株価読み込みの時にその銘柄の正しい株価を読み込めない場合が有り得ます。

株価互助会株価ファイル

「株式管理」プログラムでは、新規上場銘柄や上場変更銘柄を自動採録する機能を搭載しており、本来は、各ユーザーの銘柄リストとCMAlabでの銘柄リストは自動的に同一のものとなっている仕組みと成っております。

一部ユーザーに於いて、手作業或いは誤操作で、銘柄リストの銘柄の「上場市場」上場区分」が誤ったものと成っている場合が有り得ます。

「株式管理」では、当日株価を最初にYAHOOファイナンスから取得した会員が、株価互助会にその株価ファイルをUPLOAD(自動処理されます)し、それ以降の会員が互助としてその株価ファイルをDownLoadして相互利用するシステムを取って居ます。

銘柄データーの同期の取れていないユーザーが、株価収集を行って、株価互助会にその株価ファイルをUPLOADすると、全ての「株式管理」ユーザーに誤った株価データーファイルが配信されてしまう事ともなります。

このため、「株式管理」ユーザは、必ず最新の銘柄リストを使用するようにお願い申し上げます。

最新の銘柄リストの取得方法

「最新の銘柄リスト」は、CMAlabより配信される「株式管理」プログラム本体、及び日足株価蓄積ファイル(2007年6月19日版以降より)に同梱して配信されています。

「株式管理」プログラム本体、又は株価蓄積ファイル(日足)の配信があった時は必ず必須更新でダウンロード並びにインストールをお願いします。

銘柄リストは、ユーザー固有設定項目を継承転記して、最新銘柄リストに自動更新されます。

特に、当日早い(15時半過ぎ等)時間帯に株価データを収集される会員は、ご自分の収集株価が株価互助会経由で全ユーザーに配信される可能性がありますので必ず「株式管理」プログラム本体、及び日足株価蓄積ファイルの更新インストールをお願い申し上げます。

最新の銘柄リストの確認方法

任意の銘柄のチャート画面を開き、次の銘柄コード4桁を直接画面に打ち込んで下さい。

●マルカキカイ(7594)

●オリコ(8585)

表示されたチャートの上場区分が、マルカキカイ(7594)が大阪銘柄、オリコ(8585)が東京2部の場合は、銘柄リストの更新の必要があります。

上場区分が、マルカキカイ(7594)が東京1部、オリコ(8585)が東京1部と修正された場合は、正しい最新銘柄リストに更新されています。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional