株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

定数ファイル再編成

FrontPageマニュアル新版導入基礎編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-21 (火) 20:44:18

定数ファイル再編成

 本稿は、「株式管理」VER080101への更新に当たっての定数ファイル新設に付いての解説です。

現在の「定数ファイル」

現在の「定数ファイル」は、「定数List031001.Dat」です。

もう4年以上も利用しています。

この間に色々の新しい機能を開発し、用意してあった予備定数も殆ど使い果たしました。

予備定数が十分に無いために、開発を見合わせてきた定数消費型の機能も無いわけでも有りません。

定数の再編成

定数を再編成し、新しい「定数ファイル」を構成することは中々大変です。

自分で作って、自分で改修して使っているソフトなら簡単ですが、インターネットの向こうに「株式管理」を利用していただいているユーザーがあります。

各ユーザーの日々の運用に支障を来たさないで、新しい定数構成・定数ファイルに移行する必要があります。

定数ファイルの新設

新しい定数ファイルは、「定数List080101.Dat」と名付けました。
予備定数を可也潤沢に用意しました。

これにて、今後の新規機能開発に5年位は対応出来るのでは無いかと期待しています。

定数ファイルの更新

定数ファイルの更新は、全自動で行われます。

次VERの「株式管理」の配信時に更新インストールを行うと、今までのユーザー設定固有定数を転記して「定数List080101.Dat」が作成されます。

従来の「定数List031001.Dat」は、削除されます。

ユーザーは、定数ファイルの更新に気が付くことなく「株式管理」プログラムの更新インストールが行われます。

新規インストールの場合

「株式管理」プログラムの新規インストールの場合は、定数設定を標準設定として「定数List080101.Dat」が新規作成されます。





ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional