株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

力積システム

FrontPageマニュアル新版チャート編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

新記述:2017-02-20 (月) 15:33:31

力積システム  

トレンドの加速減速を計る、「投資苑」アレキサンダーエルダー博士考案の指標です。

トレンドの加速の方向を、指数移動平均とMACDヒストグラムを用いて計ります。

どちらもが同じ方向に加速している時、加速している方向に仕掛けるのが法則です。

システムの設定

「指標定数」設定画面で「CMA移動平均線」とMACDヒストグラムの表示を指定します。

RikiskiSys-1.jpg


チャート表示

CMA移動平均線が上昇の時(赤色)にMACDヒストグラムも同じ方向の時、赤色の太線表示します。

CMA移動平均線が下降の時(青色)にMACDヒストグラムも同じ方向の時、青色の太線表示します。

両者の方向が異なる時は、黒色細線表示となります。

売買は、MACDヒストグラムが太線表示の時、その色の方向に仕掛けを行います。

CMA移動平均線は、中期移動平均線の上昇下降を援用しています。

表示例では、14日中期移動平均線を使用しています。

s_RikiskiSys-2.jpg







ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional