株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

初使用

FrontPageマニュアル新版導入基礎編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-28 (火) 20:24:03

初 使 用

「株式管理」デモンストレーション版を使って、試用する場合。 

先ずは、立ち上げた「株式管理」基本画面から、「スペース」KEYか 「↓」KEY、或いは 「PgDn」KEY を押してみて下さい。
  
サンプル株価データ-が格納済みであれば、1000~2000番台銘柄の日足チャートのフルデーターが表示されます。

デモンストレーション サンプル株価は、ファイルのダウンロード量を少なくして簡易に「株式管理」を味わって頂く為に、銘柄数を1000~2000番台の銘柄のみに限っています。

「株式管理」の登録ユーザーとして、プログラム配信を受ける場合。  

サンプルデーターでの試用が終ったら、「株式管理」のユーザー登録を行い、「株価データ」の本番フルデーターの配信を受けて、「株式管理」のフル機能を使用して見て下さい。

「株式管理」デモンストレーション版の表紙画面の「ユーザー登録」ボタンからユーザー登録が出来ます。 

デモンストレーション版を利用せずに、最初から直接ユーザー登録されるのもウエルカム・大歓迎です。    

ユーザー登録を行ってプログラム配信メールを受信したら、このマニュアルの該当ページを参照して、ダウンロードとインストールを行います。 

「株式管理」「鞘取MASTER」の選択

「株式管理」「鞘取MASTER」は、同一の株式プログラムです。

チャートソフト「株式管理」が鞘取に特化したのか「鞘取MASTER」です。

立ち上げ画面のメニューの「F10」で「株式管理」・「鞘取MASTER」相互に選択指定が出来ます。

次回の立ち上げからは、選んだ方の画面で立ち上がります。

チャート表示

「株式管理」を起動し、「株式管理」立ち上げ画面から、

  • メニューのチャート
  • 「下矢印(↓)」KEY
  • 「ENTER」KEY
  • 「SPACE」BAR

の何れかで、チャートが表示されます。

最初に表示される銘柄

初めて「株式管理」をインストールした時は、最初に東証1部信用銘柄が表示されます。

所有銘柄登録・優先表示

所有銘柄の登録を行うと、次回からは、立上げ時に所有銘柄リストが優先表示されます。

日々の株価読込を行って、最初に自分の所有する銘柄(保有銘柄)の値動きを先ず第一に確認が出来ます。

保有銘柄として、日経平均等の指標銘柄や注目銘柄も登録しておくと便利です。

ユーザー登録

「株式管理」のインストール後最初の立ち上げ時に立ち上げ表紙画面にユーザー登録コラムが表示されます。

ユーザー登録を行った登録氏名・登録メールアドレスを正確に記入して下さい。

ユーザー登録を入力すると次回からは登録コラムは表示されません。





ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional