株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

保有登録

FrontPageマニュアル新版チャート編>Here   最新記述編  導入基礎編  チャート編  玉帳編  実践活用編

最新記述:2017-02-20 (月) 15:07:40

保有登録

「株式管理」を新規に導入インストールを行うと、「立上画面」からチャートを表示すると、銘柄リストの内、「有効銘柄リスト」が呼び出され、その一番目の銘柄「1001日経平均」のチャートが表示されます。

チャート画面」のタイトルバーに「有効銘柄参考表示(新規ユーザーの方へ:最初に保有銘柄登録を行ってください)」と表示されます。

銘柄の保有登録を行うと、立上画面からチャートを呼び出した時に、「保有銘柄リスト」が最初に表示されます。

このマニュアル「保有登録」の項を、読んでからマニュアルを閉じて「株式管理」チャートに戻ってください。

HoyuTouroku-5.jpg


銘柄の保有登録の仕方には、2方法があります。

チャート画面のメニューから登録する方法


銘柄の呼出

保有登録をしたい銘柄をチャートに呼び出します。

銘柄の呼出方法は幾つか有りますが、一番簡単なのは、チャート画面を一回クリックしてから、「銘柄コード4桁を」チャート画面に直接打ち込みます。

チャート画面のメニューの「F1記入」をマウスでクリックします。

サブメニュでの登録

サブメニュの中に、「保有登録」「信用売り」「信用買い」「元保有」「過去保有」があります。

サブメニューをクリックすると、トグルで登録と解除が出来ます。

メニューの表示は登録状況に応じて登録と解除が交互に表示されます。

HoyuTouroku-1.jpg


保有登録株式の購入をした時に指定します。
売却(決裁)をした時に解除します。
チャートで最初に表示したい指標銘柄(日経平均等)や為替などを登録しておくことも出来ます。
信用売り信用取引で「空売り」をした時に指定します。
信用決済をした時に解除します。
信用買い信用取引で「空買い」をした時に指定します。
信用決済をした時に解除します。
元所有所有登録を解除した元所有銘柄が自動登録されます。
任意の登録解除も可能です。
「うねり取り」や「反復売買」或いは「現物空売り」手法等に直近の決裁銘柄の登録が便利です。
過去所有元所有登録を解除した過去所有銘柄が自動登録されます。
任意の登録解除も可能です。
過去の取引のリファレンスとして登録しておくことが出来ます。


登録確認

銘柄登録を行うとチャート画面の上部に登録内容が表示され、確認できます。

HoyuTouroku-2.jpg


所有登録を行うと、「株式管理」を立ち上げて最初にチャートを表示すると所有名柄が優先表示されます。

毎日の、投資活動としては、株価取得後最初に保有(投資)銘柄の確認を行い、次いで、次の投資銘柄の検討に入るように手順を設定しています。

売買画面から登録をする方法

株式売買の手順として、実際に売買を行い、売買登録をする時に購入・仕掛け銘柄の登録を行うのが便利です。

「売買記録」画面の呼び出しは、チャート画面のメニューの「F1記入」をマウスでクリックします。

サブメニューの中の「売買記録」をマウスでクリックします。

チャート画面から直接「F1」Keyで指定することも出来ます、

HoyuTouroku-3.jpg


「売買記録」画面表示

「売買記録」画面が表示されます。

銘柄CODE・銘柄名が表示されます。

HoyuTouroku-4.jpg


保有登録の記入


F2前銘柄銘柄リストの前銘柄の売買記録を表示します。
F3次銘柄銘柄リストの次銘柄の売買記録を表示します。
F4保有銘柄チャート表示している銘柄の所有現物登録を行います。
銘柄の登録及びその解除がトグルで出来ます。
メニューの表示は、「保有銘柄」・「保有解除」と変化します。
解除登録すると「元保有銘柄」に自動登録されます。
F5信用売建信用売り仕掛け銘柄の登録及びその解除(トグル)が出来ます。
メニューの表示は、「否信用売建」・「信用売建」・「売建解除」と変化します。
解除登録すると「元保有銘柄」に自動登録されます。
F6信用売建信用売り仕掛け銘柄の登録及びその解除(トグル)が出来ます。
メニューの表示は、「否信用買建」・「信用買建」・「買建解除」と変化します。
解除登録すると「元保有銘柄」に自動登録されます。
F7元保有銘柄元所有現物銘柄の登録及びその解除(トグル)が出来ます。
メニューの表示は、「否元保有」・「元保有」・「元保有解除」と変化します。
A銘柄登録銘柄A・B・Cに登録します。
銘柄グループ名「A」・「B」・「C」は、チャート画面のメニューの「(その)他」の中の「銘柄グループ名変更」或いは「定数設定」画面で任意指定できます。
尚「銘柄A」は任意名称(中期赤線、長期赤線)で表示されています。
B銘柄登録
C銘柄登録


登録確認

所有銘柄の登録解除を行うと、バックグラウンドのチャート画面メニュー下に変更確認の表示が出ます。




ページトップへ

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional