株式ソフトの決定版「株式管理」をご紹介しています。 「鞘取りソフト鞘取Master」も新規開発いたしました。

「株式管理」VER110401「頑張れ、日本」エディション配信

CMA] 「株式管理」VER110401「頑張れ、日本」エディション

東日本大震災にご被災の皆様には、心よりのお見舞いを申し上げます。
一日も速い快復と復興を祈念しております。

他方、日本経済の落ち込みも回避せねばなりません。
過度の奢侈・無駄使いは、節約に努めなければなりませんが、日常の経済活動・消費行動は維持・拡大することが、日本経済の復興・維持に繋がります。
経済活動の拡大によるPAYの増大が、引いては経済規模の拡大を通じての税収の拡大により被災地への復興にも資することともなります。

皆様も、株式投資活動を通じての、可処分所得の拡大とその消費行動への振り向けにご考慮ください。

素より、株式利益の何がしかを被災地への寄付・義捐に供されることも是非ともご配意頂けますようお願い申し上げます。

「株式管理」・「鞘取MASTER」がその為のお役に少しでも立てれば、望外の慶びとするところです。

「株式管理」VER110401「頑張れ、日本」エディション の機能

「株式管理」の機能

玉帳記帳データーの売買記録転記

Chart画面から「F1」で開いた「売買画面」の売買データーから、玉帳記帳へデーターを連動する機能は搭載していますが、実際に使ってみると、直接玉帳へ記帳する場合が多いですね。

チャート画面に売買線を表示する為に、重ねて「売買画面」に売買データーを入力するのも面倒なので、玉帳記帳画面で、「記帳」ボタンをクックした時に、売買データーを、売買画面に転記する機能を作成しました。

転記データーは、「売買期日」「株価」「株数」「信用・現物」「売・買」「売買線表示指示」の6項目です。

これにより、玉帳記帳を行うとChart画面に売買線が自動表示されます。

玉帳 記帳画面複製機能

玉帳データーは誤消去を避ける為に、記帳固定機能を設けており、固定解除を行ってから、データー記入・修正を行うようにしております。

既存の似たような記帳データーを複製して、必要箇所を修正して利用する複製機能については、「複製」ボタンを押した段階で、新規データーとして取り扱われるのでデーター誤消去の恐れが無いので、固定解除を不要として入力の簡素化を行いました。

玉帳 資金移動・信用保証金移動記帳機能

証券会社の売買報告に基づき、資金移動・信用保証金移動の記帳を行いますが、証券会社に依っては、売買の都度資金移動を行って証券口座現金残高を0とする運用のものが多いようです。

この場合、月初の前月売買検証確認が可也の作業量となります。

この記帳の簡素化の為に、現金移動画面での、「FUND出」「入」・「信用保証金入」「出」記帳の短縮ボタンを新設しました。

玉帳 最終ページ単独印刷

玉帳は、鞘取引等の株式売買の都度、売買記録を玉帳に記帳して、最新データーを参照しながら利益の出たPAIRから決裁していくのが良いようです。

その為、その日の記帳の都度玉帳の月次決算を印刷して、手元のリファレンスとするのが良いのですが、月の後半ともなると印刷量が増えて大変、重複印刷ページの無駄ともなります。

それで、玉帳の最終ページのみを単独印刷する機能を作りました。
  

「鞘取MASTER」の機能

チャート印刷機能

「鞘チャート」の印刷機能は、「鞘取MASTER」の画面表示・運用機能の一段落まで、代替手段として、外部ソフトの利用で画面キャプチャーと印刷を行うようお願いしておりましたが、この程ついに「鞘チャート」印刷機能を作成搭載しました。

「鞘チャート」画面で「F11」で「鞘チャート」印刷を行います。

CMAlabでは、ズット以前に使用していたドットインパクトプリンター用の長尺用紙(A4より縦が少し短かく、横が少し広い)が可也残っており、「鞘チャート」のドンドン印刷用に利用できるように、「F11」の前に「¥」を押すと、この用紙に合わせて、横置き印刷の幅を少し狭めて(約15mm位)印刷する隠し機能を作りました。

同じ用紙を持っている方は利用してみてください。

売買値洗いシュミレーション印刷機能

「鞘チャート」で「F2」で「シュミレーション記録」画面を表示してから、「鞘チャート」画面で、鞘仕掛け・値洗いを行うと、売買収支の記録と分析が出来ます。

「<」「>」Keyで300足表示にすると、過去1年の分析に便利です。

「シュミレーション記録」画面にこの分析結果の印刷機能を搭載しました。

鞘シュミレーションの時系列実行(日捲り)機能

  
鞘シュミレーションでは、シュミレーション売買を行っている期日のチャート右側の未来期間の鞘が表示されていると、どうしても予断が入ってしまいます。

シュミレーション売買期日をチャートの右端に表示し、日捲りで1日づつ翌日の鞘チャートを表示して、仕掛け・決裁を熟考して行えるようにしてみました。
  

  • 鞘チャートで、Cntrl+PgUp
    チャート左端期日が右端に表示されます
                        
  • 鞘チャートで、PgUp・PgDwn 
    日捲りで1日づつ翌日の鞘チャート表示されます。
      
  • 鞘チャートの右側(チャート外)クリック 
    鞘チャート右端期日の翌立会日に仕掛け・決裁を記録します。  
  • チャート操作では、PgUp・PgDwnは、日足・週足・月足の切替え機能ですが、鞘チャートではチャートメニューの足の指定を利用ください。

鞘仕掛け画面

少し操作性を考えて変更しました。

未だもう少し工夫改善が必要です。

powered by Quick Homepage Maker 4.20
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional